復縁の冷却期間はどれくらい?

復縁,冷却期間

復縁には冷却期間が必要なケースとそうでないケースがあります。

 

復縁,冷却期間あなたの場合は冷却期間は必要?
復縁,冷却期間冷却期間が必要なケース
・別れ際にしつこくしてしまった
・相手が頑固タイプ

 

復縁,冷却期間冷却期間をおかない方が良いケース
・自分から別れを切り出した
・軽いケンカ別れ
・別れる時に相手が泣いていた
・遠距離だった
・忙しくなり、すれ違いがあった

 

 

では、どのくらいの期間が必要なのでしょうか?
冷却期間は付き合っていた期間に比例するとよく言われています。

 

冷却期間というのは辛い時期を一人で耐える苦しい時間になります。
しかし、この苦しい時間をどうやって過ごすかによって、復縁できるかできないかが決まります。

 

冷却期間に自分と相手の関係を見つめ直して、人間として成長することができれば、相手に再会した時に
「あれ、なんか違う。変わったかも・・・」
と思ってもらえるはずです。

 

その時こそ復縁のチャンスなのです!

 

復縁のために無駄な時間なんてありません。
一人になった時にこそ、あなたの魅力をアップさせもう一度振り向いてもらえるように頑張ってみてください。

 

注)さらに、冷却期間について『微妙なケース』もあります。
「他に好きな人が出来た」「性格の不一致 」などの場合は微妙なケースに当てはまります。


冷却期間を置くには勇気も必要

復縁を望む人が「絶対にやってはいけないこと」として、「連絡を頻繁にとる」「自分の気持ちを相手に伝える」ということがよくあげられています。そういった中で精神的負担は大きいですが、「復縁のために距離を置くという選択」の有効性が注目されています。

 

古くから、なんとなく利用されてきた手法ではあるのですが、心理学的・行動学的に「復縁のために距離を置くという選択」は非常に有効であるという報告がたくさんあがるようになりました。統計学的にも、復縁業者さん等への聞き取り等で1万件以上のサンプルが集まるようになったことで、こういった復縁に関する研究といったものがすすんでいます。

 

とはいっても別れたばかりの人になると、「距離を置くという選択」自体がストレスであるということも珍しいことではありません。愛する人とコミュニケーションがとれないというだけで、精神的におかしくなってしまうという人もいます。距離を置く期間というものもその個人個人の状況によって様々で、その間の期間をどう過ごすかということに不安を持つ人もいるでしょう。

 

ここでいえることは、距離を置くという選択をとった場合に、自分自身のスキルを磨くということに専念するということです。キレイになるということでもいいですし、仕事上のスキルを磨くということでもいいですし、期間を設けて、集中的に何かを始めるということがすすめられています。

復活愛と冷却期間

先にも述べたとおり復縁には冷却期間を置くべきケースと必要のないケースがあります。
ここでは冷却期間の必要性についてメリットを中心に解説したいと思います。

 

復活愛が成功したケースで多いのが、相手と別れて相手のことを忘れるよう意識したこと、自分が成長して相手と自分を客観的に見れるようになったこと、というのが多いケースのようです。

 

このことは何を意味しているのかというと、これはまさしく自分自身が成長したということになります。
要するに、これで1つあなたの武器ができたわけなんです。

 

それはどういうことかと言うと、次にあなたと相手があったときは、既に以前とは違った部分があるということです。

 

別れるということはそれなりの理由があったわけなので、以前と違う自分になることで、相手も復活愛を考える余地ができる可能性が出てくるということなんです。

 

その大きな武器ができた状態で相手から連絡があったり、コンタクトができた時に、復活愛が成功するというケースが多いようですね。

 

相手に対して正直になり、親身になって相手の話を聞けば、信頼を得て見事、復活愛に成功できるというパターンが多いのも、認識しておくべきかもしれません。

 

 

復縁,冷却期間ただ上述のとおり冷却期間のとり方はケースバイケースなので、別れた理由によってはとらないほうが良いケースというのもあります。
この辺は復縁マニュアルを参考にすすめていくことをおすすめします。

 

復縁の冷却期間は?(ケース別に解説)関連エントリー

きれいな別れ方と復縁率
復縁に駆け引きは必要?